テープ起こし技能検定【利用規約】

テープ起こし技能検定利用規約

本規約は、合同会社アビリティ(以下「当社」といいます。)が実施する検定試験サービス(以下「本サービス」といいます。)の利用条件について定めるものです。当社が本サービスを通じて実施する検定試験の受験申込をする方は、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。

第1条(定義)
本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとします。
(1) 「本サイト」とは、当社が本サービスを提供するウェブサイト(https://tape-transcription.com)をいいます。
(2) 「検定試験」とは、当社が本サービスを通じて提供する各種検定試験をいいます。
(3) 「ユーザー」とは、本サービスを利用して検定試験の申込をし、受験しようとする全てのお客様をいいます。
(4) 「受験料」とは、検定試験を受験するユーザーから当社にお支払いいただく手数料をいいます。
(5) 「合格証書」とは、ユーザーの検定試験合格を証明し、ユーザーの技能・能力が一定の基準に達していることを当社が認定する目的で発行する書面をいいます。

第2条(サービスの概要)
1 本サービスでは、ソーシャルワーカーを中心とした働く方々向けの検定試験サービスを行います。ユーザーは、本サービスを通じて、当社が提供する検定試験を受験することができます。
2 本サービスを利用するためには、パソコン等の機器及び良好なインターネット通信環境が必須となります。ユーザーは、自らの費用及び責任において、必要な機器及び通信環境の準備・維持を行うものとします。

第3条(受験申込)
1 ユーザーは、本サイトに掲載されている検定試験の中から受験を希望するものを選び、当社が定める一定の事項(以下「申込事項」といいます。)を入力・送信することにより、受験申込を行うことができます。なお、ユーザーの前項の申込を受け、当社からユーザーに対し受験を認める旨の通知を行ったとき、当社と当該ユーザーとの間に本サービスの利用契約が成立するものとします。
2 検定試験の受験申込は、原則として受験日の2日前までに行うものとします。ユーザーが受験日の2日前を過ぎて受験申込をした場合には、当社はユーザーと協議の上、受験日の振替等の措置を行います。
3 当社は、受験申込を行ったユーザーが、次の各号のいずれかに該当する場合、受験申込を承諾しないこと、又は承諾を取り消すことがあります。なお、当社はその理由について、一切開示義務を負いません。
(1) 当社に提供した申込事項の全部又は一部つき、虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
(2) 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
(3) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
(4) 過去に当社との契約に違反した者又はその関係者であると当社が判断した場合
(5) その他、当社が受験させるべきでないと判断した場合
4 ユーザーの受験申込又は当社の承諾が取り消されたことにより、当社からユーザーに対し受験料の返金を行う場合、振込手数料はユーザーの負担とします。
5 当社は、受験申込時にユーザーが受信を了承した場合には、メールマガジンなどの広告・宣伝メールを送信できるものとします。

第4条(支払方法)
1 第3条の受験申込を行ったユーザーは、申込時に指定した受験日の2日前までに、当社指定の金融機関の口座へ受験料を振込して支払うものとします。
2 受験日の2日前になっても当社においてユーザーの入金を確認できない場合、当社は当該ユーザーが申し込みを取り消したものとして取り扱うことができるものとします。

第5条(検定試験の実施)
1 受験申込を行ったユーザーは、申込時に指定した受験希望日に、当社が指定した方法に従い、検定試験を受けることができます。なお、受験方法の詳細については、本サイトに掲示します。
2 検定試験は、受験申込を行ったユーザー本人が受験するものとし、受験申込を行ったユーザー以外が代理で受験することはできません。
3 ユーザーは、本サイトに掲示又はメールにより通知した受験上の注意事項を確認の上、これを遵守して検定試験を受験するものとします。
4 受験申込を行ったユーザーが検定試験を受験しなかった場合、原則として受験料の返金は行いません。なお、当社側の事情により、受験申込を行ったユーザーが受験希望日に受験できなかった場合には、受験日の振替または返金の措置を行います。

第6条(試験結果の通知)
1 当社は検定試験を受験したユーザーに対し、本サイトに記載した期間内に、メール・郵送等の手段により試験結果を通知します。なお、試験結果の通知が日本郵政株式会社等の外部事業者の事情により遅れた場合には、当社は何らの責任も負いません。
2 当社は、検定試験の問題や試験結果に関して、質問及び異議申し立てを一切受け付けないものとします。

第7条(合格証書)
1 当社は、試験結果の通知と同時に、検定試験に合格したユーザーに対して、無料で合格証書を発行します。
2 検定試験に合格したユーザーが紛失等の理由により合格証書の再発行を希望する場合には、当社に対し、当社所定の方法により申し出を行うものとします。なお、この場合には、ユーザーは当社所定の手数料を支払うことにより、合格証書の再発行を受けることができます。

第8条(検定試験の停止・中断)
1 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、検定試験の全部又は一部の提供を停止又は中断することがあります。
(1) 本サービスに係るコンピュータ・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
(2) コンピュータ、通信回線等が事故により停止した場合
(3) 地震、落雷、火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
(4) その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合
2 前項による検定試験の停止・中断があった場合、当社はユーザーに対し、再受験又は返金等の措置を行うものとします。
3 本条にもとづき当社が行った措置に伴って生じたユーザーの損害について、当社は当該検定試験の受験料を超える責任は負いません。

第9条(権利帰属)
本サービスに関する知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権又はアイディア、ノウハウ等)は、当社又は正当な権限を有する第三者に帰属します。ユーザーは、本サイト、検定試験の問題、解答、関連資料、解説等、当社が本サービスを通じて提供した全てのコンテンツについて、自己で利用する目的以外で複製、配布、転載、改変その他の利用をすることはできません。

第10条(禁止行為)
1 ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。
(1) 試験実施中に試験問題や解答を他人に教える行為
(2) 試験実施中に解答を他人から教わる行為
(3) 試験実施中に他人に解答を手伝ってもらう行為
(4) 試験実施中に試験問題や解答が掲載されたウェブサイト等を見る行為
(5) 試験問題や解答を当社の許可なく他人に開示・漏えいする行為
(6) 試験問題や解答をインターネット上にアップロードする行為
(7) 法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為
(8) 公序良俗に反する行為
(9) 本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負担をかける行為
(10) 本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
(11) 当社のネットワーク又はシステム等に不正にアクセスし、又は不正なアクセスを試みる行為
(12) 第三者になりすます行為
(13) 反社会的勢力等への利益供与
(14) 本規約及び本サイトに掲示又はメールにより通知した受験上の注意事項に違反する行為
(15) その他、当社が不適切と判断する行為
2 ユーザーが前項に違反した場合、当社は、受験前又は受験中であればユーザーの受験を中止させた上で、当該ユーザーに対し損害賠償請求を行うことがあります。

第11条(合格取消等)
1 当社は、ユーザーが以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、ユーザーの合格を取り消すことができます。
(1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2) 申込事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(3) 当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して90日以上応答がない場合
(4) 第3条第3項各号に該当する場合
(5) ユーザー自身が当社に登録されている情報の抹消を希望した場合
(6) その他、当社がユーザーの合格を取り消すのが妥当と判断した場合
2 前項によりユーザーの合格が取り消された場合、当該合格にかかる合格証書は無効となります。
3 本条にもとづきユーザーの合格が取り消された場合でも、当社はユーザーが支払った受験料の返金は行いません。また、当社は、合格取消によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。
4 本条による合格取消は、ユーザーの再度の検定試験の受験を妨げるものではありません。

第12条(免責規定)
1 当社は、ユーザーのパソコン等の利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。
2 当社は、本サービスの内容変更、中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。
3 当社は、本サイトの各ページからリンクしているホームページに関して、合法性、道徳性、信頼性、正確性について一切の責任を負いません。
4 当社は、本サービスを利用したことにより直接的又は間接的にユーザーに発生した損害について、一切の賠償責任を負いません。
5 当社は、ユーザーその他の第三者に発生した機会損失、業務の中断その他いかなる損害(間接損害や逸失利益を含みます)に対して、当社がかかる損害の可能性を事前に通知されていたとしても、一切の責任を負いません。
6 第1項から前項までの規定は、当社に故意もしくは重過失が存する場合又はユーザーが消費者契約法上の消費者に該当する場合には適用しません。
7 本サービスの利用に関し当社が損害賠償責任を負う場合、ユーザーが当社に支払った直近の受験料の金額を限度として賠償責任を負うものとします。
8 ユーザーは、本サービスの利用に関連し、第三者に損害を与えた場合又は第三者との間に紛争を生じた場合、自己の費用と責任において、かかる損害を賠償又はかかる紛争を解決するものとし、当社には一切の迷惑や損害を与えないものとします。
9 ユーザーが本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、ユーザーの費用と責任において当社に対して損害を賠償(訴訟費用及び弁護士費用を含む)するものとします。

第13条(利用者情報の取扱い)
1 当社によるユーザーの利用者情報の取扱いについては、別途当社プライバシーポリシーの定めによるものとし、ユーザーはこのプライバシーポリシーに従って当社がユーザーの利用者情報を取り扱うことについて同意するものとします。
2 当社は、ユーザーが当社に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当社の裁量で、利用及び公開することができるものとし、ユーザーはこれに異議を唱えないものとします。

第14条(本規約の変更)
1 当社は、当社の判断において、いつでも本規約の内容を変更又は追加することができるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、本サイトに掲示します。
2 ユーザーは、受験申込をする際には、随時本規約の最新の内容を確認するものとします。ユーザーが本規約の変更後に受験申込を行った場合、当該ユーザーは、変更後の本規約に同意したものとみなされます。

第15条(分離可能性)
本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第16条(準拠法及び管轄裁判所)
1 本規約の準拠法は日本法とします。
2 本規約又は本サービスに関して紛争が生じた際には、大阪地方裁判所又は大阪簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2018年1月17日制定